ニートにはハングリー精神が足りない / 仕事が続かない人はどうやって食っていけば良い?

スポンサーリンク

とあるニートの経歴詐称。

ばっく●太郎という人のブログを最近よく見てしまうんだけど、タイトルに、今まではたしか「無職歴17年」ってなっていたはずなんだが、今日見たら「無職歴15年」になっていた。これは、俺の思い違いでなければ、ご、誤魔化してる・・・?

(あと、Twitterの方には「個人事業主です」と書いてあったのだが、実際にはただのニートのようだ。こ、これは・・・)

いちのZen
いちのZen

経歴詐称やん?!

しかし、無職歴17年を15年にごまかしたところで、大して印象は変わらないと思うんだが・・・。まあ、もしかしたら俺の勘違いの可能性もあるし、芸能人のスキャンダルでもないのだし、別にいいけどね。

それにしても、ブログのURLにまで「ばっくれ」と書いてあるあたり、この人のコンセプトはずっと一貫して『ばっくれ』なんだろうか??

ばっくれ氏は漫画家を目指してる(いた?過去形?)らしく、何もしてないニートというわけではなくジャンプルーキーというサイトで「巨乳勇者」というマンガを2年ぐらい連載してきた模様(!)

(※2020/11 注記:現在、上記の漫画は休載中の模様。中ボスに勇者やられたぐらいの所でやめちゃったのかも・・・あらら(;´・ω・))

でもそこはシロウトでも投稿できるサイトなので、ちゃんと編集部に認められない限り、たとえ読者から人気があってもプロのようにお金は取れないという事のようだ。(一応、広告がクリックされれば収入が発生するようだが。)

 

いずれにしても、金を稼ぐためには、ただ無料でなあなあで続けていれば良いってもんじゃないという事はたしかだ。

いちのZen
いちのZen

「俺はこれでメシを食っていくんだ!」

という、プロの覚悟と戦略、ハングリー精神が必要なはず。

ニートというのは実家が比較的裕福だったり親が甘やかす家が多いと思うので、その分ハングリー精神が出にくいのかもしれないな。(でも、それを親のせいにするのはダメでしょう。)

いちのZen
いちのZen

俺もただ漠然とイラストを描いているわけではなく、マーケティングの本を読んだり、上記のような事を意識していますよ。まだまだ甘いとは思いますが。

漫画で食う道も一つじゃないんだけど・・・

ばっくれ氏の漫画「巨乳勇者」は読んだけど、手抜きが少し気になりましたね・・・でも一応面白いとは思った。なので中途半端にヤメたり、金に変える努力・工夫をしないでやめてしまうのは勿体ないな~、と思いました。

大手の雑誌に連載される一流の漫画家になることだけが漫画で食う道ではないのです
最近だとYoutuberの動画とかも漫画形式で作って欲しいので「漫画描ける人募集!」とか、企業広告も漫画で描いてください、みたいなニーズもあって、そういうのがクラウドソージングサイトで募集されていたりもする。

(ちなみに自分は、fan●a等のエロ同人の世界でメシが食えるんじゃないかと思って模索中ですw)

SNSでも地道に自分の絵や漫画など発信していけば、仕事につながることもあるでしょう。

やる気と調べる努力さえすれば、そうやって自分の好きなことで食っていける道が開けていくはず。
彼は分かっているのだろうか、あんまり忠告やコメント等してあげても、反応がない事が大半だったので・・・(?)

サラリーマンになれないニートはどうやって稼げば良いのか

俺はイラストや漫画が好きなのでその道で稼げるようになりたいし、ブログを書いたりもわりと向いてる気がするので、それを生かしてブログにアドセンスを貼ったりアフィリエイト等もやって、とりあえず無理なく出来そうな事はなんでもやって稼いでいきたい所存です。

実際、このブログでもアフィリエイトやったりもしていますが、とりあえずもう少し来訪者数が増えないと、あまり広告貼っても意味がないという感じになっています。

自分のやり方がマズイというのもあるだろうけど、そもそもニートというキーワード自体、ニッチすぎて検索する人の絶対数が少ない気がする。

世間の人は、ニートの事をわざわざネットで調べるほどの関心ある人は少ないだろうからね。 

例外として、一部の古株のニートブログだけ、何故かかなりのアクセス数がある事もあるようだけどね。たとえばまりもんさんの場合は、今はブログの他に顔出しでYoutuberもやってて、月10万だか収益があるらしい。

これは「たまたまその人にセンスや才能があったから」なんて言葉で片づけないでちゃんと考えると、一つには、”コツコツ継続してきた結果”というのも大きいと思う。

でもニートという肩書はそれだけで社会的信用をなくすので、基本的にあまり金を稼ぐには相性の良い肩書きではない気がするけどね。社会では少数派だし信用度も低いことはたしか。(そこを逆に、「その中ではトップをとりやすい」なんて風に考えることもできるかもしれないが。)

仕事が続かなければ一芸に秀でろ!

もし仕事が続かないんであれば、自分の好きな事や趣味などをさらに磨き、その道でプロを目指すつもりで腕を磨いていきましょう!

そうすれば今はネットで色々な副業もあるので、会社に属していなくても何かしら食える道を開く事は可能だと思います。

また、ネット副業とは違いますが、パチンコ・パチスロも勉強すると収入源にできたりします!
あまり公にオススメできることではないんだけど、実際自分もずいぶんパチスロで稼いできました。ちなみにパチスロなら『期待値』、パチンコなら釘の読み方とか『遊タイム』ぐらいはググって覚えていけばなんとかなるはず。
(参考に、こちらが自分のパチスロブログです

だからと言ってそれ専業の人になっちゃうと将来が心配だから、やるにしてもちゃんと将来も見据えて仕事のスキルも並行して伸ばしていった方がいいですよ!

たとえば前にも紹介したけど、ココナラ のようなサイトで自分のスキルを売って稼ぐとか。

個人的には、楽器やイラストなどの芸術系スキルは大いにアリだと思っています。

たとえばピアノが弾ける人で、自分がピアノを弾いたのを動画に撮り、それをYoutubeにUPするだけで万を超えるチャンネル登録者数が集まり、立派に広告収入が入るようになったという人もいるようです。

また、格闘家がYoutuberで自身のチャンネルを開設し、登録者数が100万人OVERといった例もある。このレベルになると、億万長者か?(世界タイトルを獲るだけが道じゃないんですね~!)

いちのZen
いちのZen

なお、目安ですがYoutuberのチャンネル登録者数1万人で、月収20万ぐらいらしい。(広告の種類や、実際の再生時間などによっても変わると思いますが)

もちろん漫画家やイラストレーター(プロ、アマ問わず)のYoutuberもいる。俺はクリスタの使い方など、公式サイトのレファレンスを文字で読むのはダルいなぁ~という時に参考にさせてもらってます!また、絵師さんがどういう使い方をしているか、といった事についても発見があるのも良いです。

 

ちなみに、こうした絵師さんや俺やばっくれ太郎なんかも使っているソフトがこちらのCLIP STUDIO PAINT PRO !イラストやGIFアニメ、画像加工など幅広い用途に使えて超便利だし何より安い!今やお絵描き分野ではPhotoshopに並ぶNo.1のお絵描きソフトとなりました。

なお、イラストだけじゃなく本格的に漫画を描きたい!という人は少し高いけどこちらのCLIP STUDIO PAINT EX がオススメです。漫画制作のために特化した機能があるので。
どちらも最大3か月無料で使えるので、イラストや漫画制作に興味のある方は試しにダウンロードしてみましょう♪

 

(ベーシックインカムが実現するその日まで…)冬の時代を乗り切れ!

AI(人工知能)が進化して、人間の単純労働をどんどん肩代わりするようになっても、AIにはなかなかマネできないスキルの一つとして右脳系の芸術系スキルがあると思う。

逆に単純作業とか計算とかそういうのはコンピュータが得意とする領域なので、将来はどんどんAIを搭載した機械が肩代わりしていく可能性がある。

いちのZen
いちのZen

(プログラミングも、昨今は高収入フリーランスエンジニアを目指せる、とブームになってますがもしかしたら・・・)

そして仕事がなくなって困る人が出てくるかもしれないが、そのきつい時代を乗り切れば、ベーシックインカムが実現して、皆が無理に働かなくても最低限の生活ができるぐらいの収入を国が支給してくれるような時代がやってくる・・・かもしれない。

しかし、さすがにそんなすぐには実現しないと思うので、それまでの冬の時代を乗り切る必要があるだろう。

建築とか物流とか、そんな簡単にロボットに仕事が取られるなんて事はない、とも思いますけどね。

でも、自分が派遣で行った事のある物流倉庫は、ロボットがせかせかと動き回り、荷物のソート分けをしていました・・・。これはもはや、一昔前に出てきたSFの未来世界です。

(それで、人員は忙しい時だけ派遣スタッフを募集し、あとの通常時は管理職など正社員+ロボット軍団で回す感じ?この流れがさらに進めばどうなるのか・・・)

 だからこそ俺は、「一芸に秀でろ!」と言いたい。

まあ別に、芸術系スキルに限らず、今の時代は上に書いたようにYoutuberとか、ブロガーとか色々な自分一人でできる副業の選択肢があると思うので、各自自分の強みを生かしてたくましく生きてやりましょう♪

国の補助制度があることも知っておこう

あとは、国の制度など利用できるものは利用して。最近じゃフリーランスの方は定額給付金で100万とかもらえた人も沢山いたようだし、こういうのは知ると知らぬで大違いだ。

他にも、たとえば短期の仕事であっても雇用保険にはちゃんと入っておくとかね。過去12カ月以内に6カ月以上の加入歴、もしくは過去24カ月以内に合計で12カ月以上の加入履歴があれば何社転職していようが失業給付を受けられるので。

そういった事は誰かがわざわざ教えてくれるわけじゃないので、自分で調べて知る努力が大事ですね。

いちのZen
いちのZen

でも意外とみんな詳しかったりするよね・・・。(逆に俺の方が疎いわ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました