マ〇ブくんがビットコインで億り人になったらしい

ブログ

自分はここ数日はパチスロ稼働でイラスト・漫画の方がおろそかになっていました。

しかし、設定狙いがうまく行ったり、ライバル不在で良台を拾えたりして、今月は稼働3日で※万ぐらい儲かっています。

まだ借金もある無職みたいなもんなので、この※万は貴重です。

プチお祝いに回転すしに行ったら、珍しくルーレットみたいなゲームでも当たってしまった。

でも景品はマジでショボい子供だましのオモチャ。なかなか当たらないんだし、せめて一皿無料ぐらいの価値があっても良かったんじゃ。。。と思いました。

(あと、今更なんだけど「toLoveる」・「toLoveるダークネス」という漫画を大人買いしてしまいました。普通に少年誌に掲載されていたラブコメ漫画なんだけど、かなりエロいとの事でブックオフで立ち読みしたけど普通に乳首描写あるし話も面白い。
この漫画を知らないのはモグリと言われるかもしれないと思ったので買いました。今後の参考になればと思います)
 

 今までこの漫画に触れてこなかったというのは、きっと俺がオタクじゃないからなんだろう・・・。(というか昔から基本マガジンしか読んでなかったというのもある)

 

月10万でもパチスロで稼げたらそりゃ嬉しいんだけど、やっぱりイラストや漫画で稼げるようになった方がずっと嬉しいよね。

広い意味ではパチスロで稼ぐのもスキルや芸の一種と言えないこともないかもしれないけど、その場しのぎの金に過ぎないし、あまりつぶしのきかないことだからね。パチスロブログとかYoutubeチャンネルでもやってりゃ別だけど、そっちでもがっつり稼げているのはガチ勢のトップ層だけで、あとは時給換算したら非常にショボい事になってると思われます。

基本的にギャンブル系というコンテンツはあまり世間体も良くないしほかのビジネスとの連携もしにくいものだと思う。

 

一方、某有名インフルエンサーのマ〇ブ君は、昨年に仕込んでおいたという3千万のビットコインで含み益が出て、ついに億り人に・・・同じ投機でも、桁が違いすぎる。

スポンサーリンク

ところで、こうしたギャンブルとか仮想通貨とかで得た利益を、「人から奪った金と一緒だから、良い因果は生まないよ」とか言ってくる人がいるんですよね。。。

奪ったって言うけど、俺、人の台を横取りなんてしてないんだよ。

自己判断・自己責任で勝負した結果得た正当な利益だと思ってる。

決して、運任せにやっているわけじゃないんです。それは素人のやることです。

それじゃ勝てなくて当然でしょ。

それなのに、勝ったら勝ったで、そんな嫌な事を言ってくる人がいる・・・

とはいえ。もし俺が宝くじで一千万でもあたったら、さすがに少しぐらいは慈善団体に募金でもするとは思います。

(というか、これまでも大きく勝った時は自分なりの・・・やってました。ねずみ小僧かと。)

今はぶっちゃけ、困っている人=自分なので、人助けもいいけどまずは自分を救おうぜ、と思ってます。

本来、慈善事業というのはある程度自分の生活に余裕のある人がやるべきだよね。

宝くじで大金が当たったら、それはほとんど運だからね。でも自分のパチスロ稼働は、実はあんまり運の要素は少ないです。勉強と行動・努力の結果です。

もしマ〇ブ君の得た利益=人から奪った金だから、後で怖い因果となって返ってくると言うのであれば・・・

なんとなくそれは言い過ぎというか可哀そうな気がする。別に彼は勝負に際してズルしたわけじゃないだろう。リスクを冒して挑戦した結果じゃないか。

(でも、金持ちほどさらに投資で儲けやすいという資本主義社会の嫌な部分はありますよね。。。貧乏人はそんなゲームにはそもそも参加することができない。)

 

少し話がそれるけど、親とか人からもらった金を自分の実力や功績と勘違いして成功者ぶってるニートみたいな人も中にはいるみたいだ。

これは傍から見ていると非常に恥ずかしいものがある。

いくらお金をたくさん持っていようが、親のすねかじりで自分で稼ぐ力のない人は本当の意味で自信を持つことは出来ないんじゃないだろうか。

その意味では、パチスロであっても自分の力で稼げるというのはある意味快感だし自慢したくもなってくる。

でも、働いて得た金とは違うだろ!ということで、あまり言っても人から嫌味を言われてしまったりするけどね。

もちろん自分でもこんな金は不安定なあぶく銭みたいなものだということは分かっています。

パチンコ屋に寄生しなければ生きていけないような人生は嫌だ。

だから俺は自分の芸を磨いて生きてゆくつもりです。

パチプロをバカにする人もいるけど、もしそいつが親のすねかじりニートだったら、さすがに引くわ。「お前、なんも自分で稼ぐ力もないやんけ」と・・・

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました