一億円稼いだので、日雇い派遣に行ってみた / 本業を大事に

仮想通貨で一億円稼いでしまいました。

 

いちのぜんです。
突然ですが・・・このたびついに、仮想通貨の収益が一億円に達しました。

これで経済的には、ひとまず安泰かな^^

しばらく引きこもりみたいな生活を送っていたこともあり、「気分転換に日雇い派遣にでも行ってみるか!」と思い立った。

これまでの自分だったら、できるだけ日雇い派遣労働なんて避けたいと思っていたんですが、財布と気持ちにゆとりが出てきたら、逆に少し世間の波にもまれて労働したくなったのだろうか?

もしくは、「たまには少し汗でも流すかな!」と、サウナ感覚かもしれない。

スポンサーリンク
あ・・・ちなみにこれは、ウソです。たまにはウソ日記でも書こうかと思ったけど、やめときますか。

でももしかしたらこういう「隠れ金持ち」が、日雇い派遣労働者の中にもいるんじゃないか?という気がします。

イヤミかな・・・やっぱり。

でも、きっと仕事を楽しめるかどうかってのは、気分というか思い方一つなんだよね。

実際に一億円を持っていなくても、考え方がハッピーならどんな状況も楽しめるのではないか?

そうは言っても、好きじゃない仕事を好きになるのはなかなか大変かもしれないけどね。

自分はなるべく好きなことしかやりたくないので、仮想通貨やスロットでしのぎつつ、イラスト漫画に特化していこうと思っています。

最近はスロットの方はあまり行ってないですが、ビットコインはだいぶ戻ってきてるし、アルトコインもけっこう上がってきていて、正直ここから楽しみな展開になってきてます。

(なんか、どっちも「コイン」なんですよね。不思議と・・・)

 

いちのZen
いちのZen

ここから夏までの3か月で、爆益なるか!?

仮想通貨で、年利40%ぐらいは余裕!?

私の仮想通貨ブログの方も更新していますが、最近の更新はやや中級者向けの記事が多くなってます。

でも、初心者でも安全度の高い方法で、年利40~50%ぐらいは余裕!というやり方もありますよ。

自分は年間で300%以上を狙ってるから、それをあえてやってないだけです。

普通に考えたら、一年で4割もお金が増えるだけでも十分高利回りなんだけど、今の仮想通貨はバブリーなんで年利40%程度では正直物足りないぐらいなんですね。

あまり手間もかからず、簡単・安全なやり方で年利40%以上なら十分だろ!

と思う方も当然いらっしゃるでしょう。

とはいえ、海外取引所を使ったりするので、初心者の方だと多少戸惑うかもしれません。

もし興味のある方は、俺の仮想通貨ブログのサイドバーにあるコインチェックのバナーから口座登録していただくか、

またはAmazonギフト券3千円プレゼントしてくれるなら、俺が限定読者向けの記事で丁寧に解説しますよ♪
さらに、そちらでは質問コメントにも出来る限りお答えします!

いちのZen
いちのZen

自分ひとりで全部調べたりするのはけっこうホネが折れると思うので。。。うまく使っていただければと。

コインチェックの口座開設は無料なので、お金をかけたくない人にはこちらの方がオススメですね。

★申し込み希望の方は、一言コメントから連絡の取れるメールアドレスを載せて俺に知らせてくださいね。

<参考>仮想通貨ブログのサイドバーですが、スマホからご覧の方は、以下の図にある「サイドバー」の所を押すとサイドバーが出てきます。

やっぱり本業が大事。

投資ではたとえ一年で元本を2倍にできたとしても、10万しか投資できない奴は10万儲かるだけですよね。

しかし、1000万の投資資金がある人は、同じ成績でも利益は+1000万となる。

お金を持てば持つほど、有利になっていく仕組みになっている。

自分は借金しても100万チョイしか仮想通貨につっこめなかったのは、貯金がぜんぜんなかったからだ。

それもあるんだけど、やっぱり自分もそろそろ中年という年齢で、親もいい年だ。

親が元気なうちに、『早く一人前になって親を安心させたい!』という思いがある。

というわけで、自分はイラストか漫画を本業にしたいので、そちらをより真剣にがんばっていく所存であります・・・!

あまり性格的にサラリーマンになれる気がしないので・・・。

早速、今はとあるえちえちな絵を描いています。

練習のつもりだけど、偉大なるさいとうなおき先生

「プロを目指すなら、売れる絵を描け!」(つまり、練習のための絵ばかり描いてる場合じゃないだろ、と言う事)

と仰っていた気がするので、その辺も意識していきます。

練習するのが悪いわけじゃなくて、練習の絵を描いただけで満足してしまうのがマズイということ。

プロになるには、売れる(レベルの)もの、つまり『商品』を作らないと始まりませんからね・・・!

というわけで、それではまた。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました