【悩み】「人に親切にしたら無視されて辛い・・・」そんな時の考え方

スポンサーリンク

人の親切をポイ捨て!(された時の話)

先日、とある長期ニートの人が将来の事を不安に思っているようだったので、俺のブログの過去記事からその人に最も適しているアドバイスが載っている記事を読むように教えてあげました。

 ※ちなみに、その過去記事はこちら↓

ニートにはハングリー精神が足りない / 仕事が続かない人はどうやって食っていけば良い?
とあるニートの経歴詐称。ばっく●太郎という人のブログを最近よく見てしまうんだけど、タイトルに、今まではたしか「無職歴17年」ってなっていたはずなんだが、今日見たら「無職歴15年」になっていた。これは、俺の思い違いでなければ、ご、誤魔化し...

すると、その人からはお礼もなければなんのリアクションもなく、完全無視されたのです・・・。


正直、悲しいですよね。

でも、実は他人にアドバイスするというのは、意外と難しい面もあるんじゃないか。

他人に助言するのが難しい理由

まず、相手がこちらを格上と認めていない場合は、「あんたなんかにアドバイスされる筋合いはないよ!」と、プライドの高い人だったら思うかもしれない。

(とはいえ、義理でも一応お礼ぐらいはするのが普通かなとは思いますが。長期ニートに常識は通用しない・・・!

あとは、少しでも厳しい指摘をされると、幼稚な人だといじけてしまうというのもあるだろう。自分の非をどうしても認めることができなかったりとか。

また、俺が思う良いやり方が、その人にとっても最善とは限らない、というのはもちろんそうなんだけど、
特に明確な理由がなくても、「なんとなく自分に合わない」と思ったら、そのアドバイスは不採用にしたくなる気持ちは分かる。

(普通は、義理でもお礼ぐらいは言うものだけどね。←二回目)

あとは単純に、こちらの文章が理解できなかったとか、一時的に失語症みたくなっちゃったとか、あとでお礼しようと思ったけど忘れちゃったとか、そういう可能性もなきにしもあらず。
単純にレスするのが面倒くさいから、みたいな嫌な人もいるだろう。

まあ他人に助言をするときって、大抵言う方も少し天狗になってしまうというのはよくある事なんで、なるべく助言する方も謙虚になった方がいいというのは思います。(実際自分も、求めてもいないのに助言してくる人とかいたけど無視した事が何度もあったな~、しみじみ・・・)

 

「見返りはいらない」と思えれば平気

他人に親切に助言・・・「したやったのに、なんだその態度は?」

みたくキレてしまうような人は、真の善人とは言えない。

それでは本末転倒、見つめるべきは他人ではなく己の心であろう。

そういったわけで、自分も「ま、いっか!」と思うことにしましたw


実は無視された悔しさよりも、やりきった充実感の方が大きかったりします。

自分の中で、本当に役立つ良いアドバイスをしたと思っているので、

あとはそれを生かすも殺すも相手次第だし、とにかくこちらとしては、

いちのZen
いちのZen

”そいつのためにしてやれることは全てやりきったな、あとはもう気にしなくていいんだ・・・”

これでもう、そいつのためにしてやれることは全てやりきった、みたいな爽快感があるのです。

 

もう赤の他人の俺は、これ以上彼の将来について心配したり、何か助言をしてあげようか、なんて思う必要はない。


助言ならもうしたのだし、その結果の「無視」なんだから、もういらないって事でしょ。それならそれでOK。

あとはそいつの心配をするのは、他人ではなく、親の仕事・・・?
というか、40歳ニートの心配をしなくてはいけない親の気持ちを考えると、いたたまれないものがありますけどね。

因果応報があるから安心

それと、やっぱりこういう事は世の中にはよくある事でして、たとえばAをしてあげたら必ずお礼がもらえるとか100円がもらえる、といったものじゃないんだよね。
それでも、天は人間一人一人の所業を見ていると思うので、仮に表面上、良いと思ってしたことが無駄になったような気がしても、ちゃんと天は見ているから気にする必要はない、と思っています。

(今月のパチスロ稼働がやけに調子良いのも、もしかしたら・・・?)

ニートに残された、最後の仕事とは

もしダメニートが何もできなくても、「親を介護し、看取る」という仕事があります。これも、彼にできるかどうかは知らんけど、いずれにしても親はもうトシだろうから、いずれ親の死に直面する時が来るでしょう。

これを”最後の仕事”と書いちゃったけど、実際には「親の死後は、自力でたくましく生きてゆく」という仕事がまだあるので、最後の仕事というのはこちらの方になります。

親の葬式で、笑顔が出る?

自分は、「親孝行をやりきった人は、親の葬式で笑っていられる」と聞いた事があります。

普通だったら、親が死んだら泣くと思うんだけど、本当に親孝行をやりきって、自分もすっかり自立しているし、親にも「安心してあの世へ行ってください」と思えるぐらいの人だったら、葬式でも笑顔が出る余裕が持てるのかもしれないね。


多分、これがニートとかになると、もしかすると泣く事すらなくて、

ニート
ニート

『ただただ自分の身だけが心配・・・あと、親戚とか集まってきて気まずい・・・こいつら、バカにしてんのか? イライラ・・・』

みたいな、自分の心配だけをしている、醜く歪んだ顔でもしてるのかもしれない。

自分もそんなことにならないよう、早く経済的にも安定して自分も家庭を持てるぐらいになれるようがんばっていきます。

 

★ブログランキングに参加中!

ポチっと応援クリックして頂けるとやる気がでます。↓

にほんブログ村 にほんブログ村へ

ブログ
よろしければシェアお願いします!
スポンサーリンク
情熱!ニートレボリューションZ

コメント

タイトルとURLをコピーしました