<毒親?>親に信じてもらえず無視される子供はどうすれば良いか

スポンサーリンク

おっさんでも親との関係では悩みますよ。

いちのぜんです。自分はもうアラフォーのおっさんですが、別にティーンエージャーじゃないからと言って親との関係で悩まないという事はありません。オッサンでも親のことで悩んだりはします。

自分の場合は、お袋とはまぁ普通に会話したりするし、尊敬もしてるし比較的良好な関係を築けているかなと思いますが、親父とはかなり問題があります。

まず、親父とは基本的に会話がありません。向こうが無視してくるからです。そういう冷めた関係がずっと続いています

それで、「俺が何かしたのか?」と聞いてみたところ、「無視するからだ」と言われました。

「無視してるのはそっちなんじゃないの?」と思ってもう少し追及してみたら、やっぱり俺が無視してるから怒っているという意味ではなく、

「お前には何を言っても無駄だから無視することにしたんだ」

という意味だと分かりました。

「お前には何を言っても無駄だから、何も話したくない → 挨拶さえもしたくない。」

こういうわけです

何か自分の中で、勝手にそういう結論に達してしまったようなのです。

親に無視されるメリット・デメリット

こちらとしては、親父と何か話し合いたいときに、彼は沸点が低くてすぐ怒鳴りだすような感じなので、「こんな人とはまともに会話ができないな・・・」と感じていました。

親父は自分の中でそういう結論に達したため、基本的には俺に対して何か干渉してきたりすることはありません

この点に関しては、ラッキーというか良い面(煩わしくない、勝手にさせてもらえる)もあるかな、と思っています。

ただ、やっぱり俺としては、たまには親父の意見も聞いてみたいとか、相談に乗ってもらったり、親子らしい会話でもしたいと思う時もあるので、寂しさや悲しさも少しはあります。

普通の毒親とはタイプが違う?

ちょっとググってみたら、毒親というのは、逆に過干渉をしてくるタイプの事なのかな、と思いました

なので、もしかしたらこういう、一切干渉もしてこないし、とにかく無視するだけ というタイプは、普通の毒親とはある意味逆なのかもしれません。

俺もだいぶ前から、自分の親父に関しては限界を感じていたので、あまり期待はしていません。

冷静に考えると、「お前には何を言っても無駄」ぐらいの事は、大した事じゃないような気もします。

親に否定されてるようで悲しさもありますが、似たようなことは母親にもたまーに言われてる気がします。

それでも母親とは普通に関係を築けていますから。

こんな事を書くのはアレですが、俺から見れば親父はあまり頭が柔らかい人ではないので、ひどい言い方になるけど「まぁ、親父はバカだからしょうがないのかな」という感じになります。

問題は、そのバカに頼らなければ生活できないという状況です・・・なんだかんだ言っても、今すぐに実家を出て一人で暮らしていけるわけじゃないからです。

(ミサトさんみたいな人が同居させてくれたら・・・)

これは本当に悔しいことなので、一刻も早く自立してやっていけるようにがんばらなければいけないと思っています。

結局、家族含め世間の多くの人間は「いい年して自立できてない」というただ一点の事実だけでその人をダメ人間とみなして軽蔑してきます。

営業職じゃないけど、ある意味で結果を出さなければ何の評価もしてもらえないというかね。

逆に言えば、「たまたま宝くじで一億当たって、投資で運用して毎年300万ぐらい利子が入ってくる状態を実現できたから、働けないニートでも経済的に自立できました♪」という人は、一応親に頼ってない状態を達成できたからバカにはされないかもしれません。

冷静に考えると、自分は今外で働いてないだけで、パチスロや在宅ワークで自力で金を稼いで借金も返済したり実家に少しでも金を入れているので、完全に親のすねをかじっているわけではないのでそこまで卑屈になる必要もないのかなとは思います。
スポンサーリンク

親とどうしても合わない人が取る行動パターン

まぁ、世の中親子関係が良好な人ばかりじゃないでしょう

親とどうしても合わないと言う人は、やはり早い段階で実家を出て一人でやっていく という人も多いでしょう。

それはそれで、一応自立できたからニートよりかマシ、という事になるのかな。
ただ、それで親子関係の溝が埋まるわけではないですがね。

一方、ニートになってしまうようなタイプの人は基本的に社会で働くことが苦手なので、それもなかなか出来ないという人も多いのではないでしょうか。

世間の人は、やっぱり「えっ、その年でまだ自立できてないの?」という目で見てくる人も多いです。

若ければ許されるような事でも、年を食ったというだけでどんどん世間からの目は厳しくなります。

なのでますます他人とのつながりが持ちにくくなり、孤立していくという悪循環があります。

なので俺も本当はこんな事は書きたくないんだけど・・・

親に不満がある人は、他人に親の影を求めるかも・・・

あと自分のように、親に対して満たされないものがある人間は、親のイメージを投影できる、たとえば年上の上司とかと良い出会いがあるとがんばれるケースもあるんじゃないでしょうか。

俺がもし女だったら、尊敬できる上司とかに出会っていたら好きになってしまうとか、最悪、不倫関係とかもあったかもしれません(笑)

これまで勤めてきた職場を振り返ってみたら、たしかに尊敬できそうな上司は何名かいました。

ただ、いずれも非正規雇用だったので、深い関係を築ける前に解雇されてしまったり、自分がサボった事が原因で気まずくなりそのままやめてしまったり・・・してきました。

あと、いくら上司に尊敬できる人がいても、その人の一存で職場にいさせてもらえるわけではないので。

”適材適所”人間にはそれぞれ得意な事、苦手な事があるはず

普通に社会で働くことが苦手、仕事がなかなか続かない。そういう俺みたいな人間はどうすりゃ自立できるのか?

自分は今のところ、イラストや漫画スキルを高めて、在宅で個人で食っていけるように努力中です。あとは、あまりほめられた事じゃないけどパチスロのハイエナ等も副業としてやっています。

今はコロナのリスクもあるし、自分は持病もあるので、今からたとえば寮つきの工場ワークみたいな仕事を探して仮に採用されたとしても、やっぱり不安もあるしメンタルもかなり追い詰められそうだし、何よりフルタイムで働いていたら自分のやりたいエロ漫画で食っていくために必要な練習や制作の時間がかなり削られてしまいますから、そこが一番痛いです。

仮に根性でそういうつまらない、とりあえず生活はできるけど特に将来に明るい展望もあまりなさそうな作業の仕事を続けたとしても、これまで生きてきて1年以上仕事が続いた事がない(大半は半年も続かなかった)自分なので、ほぼほぼそうなってしまうでしょう。

今は黙って実家に居させてもらえることに感謝しつつ、一日でも早く経済的にも自立した生活ができるよう、がんばるしかないだろう。と思っています。

これが下手に一人っ子とかで親もニートな自分を甘やかしてくれ、働いてなくても小遣いくれたり、欲しいものは買ってもらえちゃったりするような家庭だと、なかなかこういう危機感が持ちにくいので余計にゆとりになってニートが長期化しやすいんじゃないかと思います。

もちろん、そうなってもっと年を取ってから困り果てて「親が甘やかすから俺がこうなったんやで」なんて親のせいにするのはお門違いもいいところでしょう。

とりあえず、35を超えると求人にせよどんどん選択肢が狭まってくるので、やっぱり思い切って実家を飛び出してみるとかも少しでも若いうちにやった方が良いと思います。あと、俺みたいに病気を抱えたりすると余計に不自由になってきますから。


このような事を書くのは自分も勇気が要りますが、理解してくれる人もいると思うし、たとえばひろゆきみたいなタイプの人だったらきっとわかってもらえるだろうな、と思います。

もし似たような事で悩んでいる人の参考になれば、との思いで書かせて頂きました。

スポンサーリンク

今不幸だからといって、落ち込む必要はない

今の自分が不幸で、他人と比べるとみじめに感じてしまうという事はあるかもしれません。

たとえば俺も、病気はあるわ借金はあるわ、家族は冷たいわと考えると辛くなってきます。

でも、おとぎ話のシンデレラじゃないけど、やっぱりどん底を味わった人が成功して幸せになるという話は多くの人の胸を打ちます

ずーっと無難で平穏な人生だと幸せかもしれませんが、それはそれで退屈かもしれない。

人生、山あり谷ありの方が、生きてるって感じがするかもしれません。(ずーっと谷底、谷底・・・で終わっちゃったらキツいですが。)

また、大物芸能人とか今社会の第一線で活躍してるような人たちの中にも、若いころはとにかく不遇・不幸だったという人も少なくないでしょう。

要はそのような困難さえも乗り越えていくだけの強さを持てばいいのです。自分を信じて努力するだけです。

あと、大富豪のトランプ元大統領なんかは、若いころ5回も破産したと聞きます。

それも、勇気をもって挑戦した結果だし、一文無しになったのも一つの過程に過ぎません。

借金があるからといってダメ人間というわけではないって事ですね(笑)

場合によっては、俺も自己破産するかも・・・? まあ、今のところは返せると思っているし返すつもりで頑張っていますが。

自己破産のメリット、デメリット等はちゃんと調べて把握しておいた方が良いのかなと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました