キンコン西野の「キャラ経済」とは?ダメブロガーでも人や金は集められる?

ブログ

ばっくれ太郎が、必死にモテるアピールを開始した模様!

 

「俺の事を性欲モンスターと呼ぶのやめれw」と書いているが、ぶっちゃけ誰一人そんな呼び方はしていない。彼がそう呼ばれたかっただけだろう。

彼は働いているフリをして、シングルマザーを出会い系で漁っているようです。しかし、ずっと無職で金もないので、車も親の車、デート代も親からもらった小遣いだろうし、「付き合いだしたら働きます」と言っているが、これも説得力ゼロ、初日でバックレを繰り返しているマーシーと同様、申し訳ないけど口先だけのハッタリとしか思えない。

多分コメント欄で叩かれまくって悔しいので、「でも俺はモテるんだぜwおまいら悔しいか?w」と必死でアピールしたいんだと思われる。

とはいえばっ●れ氏は詐欺師並に嘘やハッタリが得意なので、もはや何が本当なのかさっぱりだ。過去に宅建や電気工事士の資格を取ったというのも、証拠でも見せられない限りもう俺には信じられない。

(もっとも、資格とってもずっと実務経験ゼロでは、もはやほとんど何の意味もなさないただの紙切れみたいなもんだが。)

スポンサーリンク

ダメ人間でも人やカネが集まる法則とは?

このような白々しいハッタリを繰り返しているばっくれやマーシーのブログは、しかしそこそこ人気があったりする。

ちょうど今日俺は、キンコン西野のYoutube動画を見たんだけど、そこで彼が「キャラ経済」という言葉を使っていました。


 ざっくりと動画を思い出してまとめると、こんな感じ↓

・貨幣経済~信用経済 → 今はキャラ経済?

・Twitterとかでフォロワー数の多さが金になると言うことを皆、自覚してきている

・一方で、フォロワーがたくさんいても、いざ何か事業をやろうとして金を募っても全く集まらないという人もいる。

・一方、ひろゆきとか家入一真のような「番組にもよく遅刻してくる、社会人としてはちょっとダメな人」であっても、人気が高かったりする

ダメ人間であっても、なんとなく憎めないキャラ & そのキャラに一貫性があると、人や金が集まってくるようだ。
 →これをキンコン西野さんは「キャラ経済」という言葉で表現した。

 ※動画はこちらです↓

西野亮廣「稼ぎたいなら、自分が住んでいる経済圏のルールを守れ。副業をするなら…」@nishinoakihiro

ばっくれ太郎の惜しい点

これを聞いて思ったんだけど、ばっくれ太郎やマーシーのような人たちも、この「キャラ経済」に当てはまるキャラになっているんじゃないか?と・・・

マーシーはブログの広告収益が月数万ぐらいあるようだし、ばっくれ太郎はほとんど稼げてないようだけどネームバリューだけはそこそこありそう。(もちろん、ネットのダメ人間業界だけの話であり、芸能人とは比較になりませんが。)

さすがにいくらダメ人間といっても、ひろゆきや家入一真と彼らを同列に語るのは無理があるだろうな。

ばっくれももしかしたら漫画の道でもっと粘り強く頑張っていたら食えるようになる可能性あると思うんだけど、彼はすぐ投げ出すからな。あと、多分検索力がなくて自分で色々調べたりするのが苦手なんじゃないかと思う。これは、独学にはマイナス要素となる。

「検索力」を鍛えられるのか?というのは、ちょっと俺には分からないんだけど、別に難しい事じゃないと思うんだけどな~。要は、自分が知りたいことを、数個のキーワードに変換してググってみるだけの事だからね。

あと彼は頭がカタイんだよね。ジャンプルーキーで編集者の目に留まらないとダメだ、という風になぜか思い込んでいるから。今はエロ同人とかkindle自費出版とか個人のフリーランスでも参入可能なWEB漫画、漫画広告とか色々あるのに、ほかの道を考えようともしない。

そのうえ努力もしていないから基礎画力も低い。(キャラの歩くシーンとか手の描き方とかに表れてしまう。)

それでも、一定期間コツコツ連載を続けてファンも獲得していた事は俺は評価してるんだけどね・・・。結局、ファンがいようが自分がいやになったら無責任にすぐポイと投げ出すようなやつだからダメなんだろうね。

彼は出会い系でシングルマザーと出会うためのノウハウを個人でずっと蓄積してきたようなんだけど、それを他人に教える気はないようです。

もっとも、嘘に嘘を重ねた詐欺野郎の出会い術なんて知りたくもないですけどね。

それでも、もしかしたらnoteとかで有料教材にしたら多少売れる可能性もあると思うんだけどな。とはいえ、無職中年が働いてるフリしてシングルマザーを釣る詐欺まがいのメール術なんて見ない方がマシとは言える。

スポンサーリンク

ダメ人間であっても努力は必要

俺に言われれば、彼は「アリとキリギリス」の寓話でいうところのキリギリスみたいなもんで、今のような調子で読者をバカにしていられるのもあと数年といったところだろう。

ただでさえダメなのに、何の努力もしないのだったら幸運の女神がほほ笑むはずもないだろう・・・。これは誰でもわかること。

マーシーも働きたいと言いながら初日にばっくれを繰り返しているのは謎すぎるし不気味です。いい加減同じパターンを繰り返さないためには、精神科医に相談してみるとか、ちょっと面接に行くのをストップして自分の胸に手を当てて「本当は何がしたいのか?」をよく考えてみるとか、なにかしら行動を変えるしかないと思うんだが。

彼にとっちゃ、バックレを繰り返しながらも面接に行き続けるのが「前向きな努力」のつもりなのかもしれないが・・・。採用する側にとっちゃ、迷惑な話ですね。

いちのZen
いちのZen

実は俺も昔1、2回だけ「初日にバックレ」をやってしまった事があるんだけど、その時はうつ病ぽかったというのもあるんだけど非常に後味が悪く悔しい思いをしました。

「派遣の担当者はどうなっただろう?俺の代わりに頭を下げたのかな」と思うと、その時の事は、その後何年も思い出しては気が重くなりました。

普通、自分で志願しておきながら初日にバックレるなんて事をしたら、相手も怒るのは当然だが自分も傷つくと思うんだよね。

マーシーにはそういうのがないようだから、「もしかしてわざとやってるんじゃ?」と思ってしまう。変にヘラヘラしてるようにも見える。

 

というわけで、いくら「キャラ経済」の法則(ダメ人間でもどこか憎めないキャラなら人やカネが集まる?)というものがあるとしても、ダメな部分を補えるだけのとがったスキルや一芸で人や社会に貢献できるような人じゃないと、さすがに成功するのは厳しいだろ~と思ったのでした。

また、最低限の誠実さも欲しいところですね。

 

いちのZen
いちのZen

自分もあまり偉そうな事を言える人間ではないので、気を付けます。。。

キンコン西野って俺は最近まであまり知らなかったんだけど、かなり多彩でカリスマぽいですね。

なぜか動画内でキンコン西野さんがホリエモンをイチオシしていましたが、そのホリエモンとキンコン西野さんの共著がこちら↓ 

(Amazon)

楽天はこちら

タイトルだけ見るとなんとなくネガティブな内容のようなんだけど、動画聴いたらちょっと気になったので試しにポチりました。(もしかしたら今度レビュー書くかも)

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました