2次元でモテてみた。

ブログ
スポンサーリンク

やってしまいました。

いちのZenです。ちょっとストレスたまる事があり、気晴らしに自己満足なイラストを描いてしまいました。でもせっかく描いたのでUPします↓


レム「スバル君には内緒ですよ💛」
ラム『特別にご奉仕してあげるわ、覚悟しなさい』

 

・・・ほとんどエロ本ですね(爆)

こんなシチュ、男ならだれもが一度はやってみたいと言っても過言ではないでしょう(`・ω・´)

中央のキャラは、先日紹介させて頂きましたが、当ブログ内での俺のアバター的なキャラ、つまりは私こといちのZenです。(一応、忍者的なキャラという事になってる)

ネット内での仮の姿と分かっていても、なんというか、これはなかなか悪くない気分ですよ・・・!(;・∀・)=3ハァハァ

なんだこの謎の達成感は・・・!!?

描きながら若干●ッキしてしまいました。(すみません)

 

多分エロ漫画家というのは、描きながらボッキしたり、途中でシコったりしてるんじゃないだろうか・・・

というのも、自分がエロいとも思わないような話を書く人はあまりいないでしょうから、つまりは描きながら興奮してしまうのはほぼ避けられないんじゃないかと思うのです。

しかし、キャラクターと一緒に笑ったり怒ったり泣いたり興奮したりしていては、身が持たないと思うので、その辺はどうなのか、慣れていくものなのかもしれないが・・・。

 

プロになるにはスピードが大事になってくる。

このイラストは未完成っちゃ未完成なんですが、もっと手をかければより立体的に、ゴージャスにしていく事はできるでしょう。

しかし、自分が本来やるべき事は、この絵じゃないんですよね。それなのに、衝動的にこんな絵を描きたいからといって、3時間以上時間を費やしてしまった。。。orz

(本当に、これ以上寄り道している場合じゃないわ!!)

もちろん、この絵を描く事で多少のスキルアップにはなったと思います。たとえばソファですが、少しゴージャス感を出したかったので資料を調べながら描いてみました。といってもPCで画像検索するだけなんだけど、こういう過程も大事な練習になっている気がします。
(装飾の大部分は画面外やキャラの後ろになってしまって見えませんが。)

それと、クリスタ( CLIP STUDIO PAINT PRO )の操作にもまた少し慣れてきたと思う。

スピードが大事なので、ショートカットキーを使いこなす事は重要になってくるだろう。

イラストレーターは1枚の絵に時間をかけて良い絵を仕上げるが、漫画家というのはある意味「いかに手を抜くか」が大事になってくるようだ。というのも、1話何十ページも描くわけだし、1ページの中にも複数のコマがあり、その1コマ1コマをフルカラーで、細部までしっかりと書きこんでいたりしたらとても締め切りに間に合うわけがないからだ。

俺は漫画のようなモノクロでの描き方にまだ慣れてないので、そっちも練習していきたい。

この絵の活用法について 

あと、この絵の活用法なんだけど、いちのZenの顔の所だけ切り抜くというか真っ白にして、そこにこの絵を気に入った人が自分の顔写真をハメこむと・・・

あら不思議!誰もが使える”レム&ラム、両手に花状態”の画像が手に入ります\(^▽^)/

ニーズがあるか分かりませんが、そんな風に使える画像にしてみようかな、と。(笑)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました