セミリタイヤ、在宅ワークは幸せか?

FIREとかセミリタイアみたいな生き方が流行ってるようだけど、その実態はただの引きこもりニートみたいな場合もあるんじゃないだろうか。実際にそういう人もいるみたいだし、要はセミリタイアという言葉を使うことで格好つけているだけで、実際にはまともな仕事に就くことができずニートしてるだけの人だったりする。。。


そういう人がまた、自己啓発みたいな内容を発信していたりするけど個人的には違和感を感じる。もちろんまともな社会人には相手にされないだろうから、引きこもりやニート相手に先輩ヅラしたいのかもしれない。

 

そういえば先日、「ニートには嘘つきや見栄っ張りが多い」と書きましたが、すみませんそれは間違いでした。嘘つきや見栄っ張りは、特にニートかどうかとはあまり関係ないかなと思いました。

たまたま自分が見ていた連中に、そういう人が多かったというだけのことでした。もっと視野を広げないといかん。


多分だけど、若くしてセミリタイヤみたいなことを実現しても、人脈や行動力や夢や目標がないと、ただの隠居したジジイみたいな生活になるだけじゃないかなと思う。

 

お金があっても、うまく使うことができない人がいる。そういう人は貯めるのは得意かもしれないが、本当の金持ちでもない限りは少しぐらい貯蓄あっても庶民と生活レベルは変わらない。

適度なストレスは逆に人間を若返らせたり生かしてくれている面もあるから、あまり若いうちからボーっとだらけた日常を送るのはある意味非常に勿体ないことだと思う。

そうは言っても安楽な生活に慣れてしまうと、なかなかそこから脱することって難しい。


自分の場合、在宅で食っていきたいんだけど、どうしても夜更かししてしまったり昼寝を長く取り過ぎてしまったりするとすぐに生活リズムがおかしくなってしまうし、特に締め切りやノルマがないような仕事だとどこまでも自分に甘くなってしまうし、友人や恋人や横のつながりがないと孤独でおかしくなりそうになることもあるだろう。

そういった意味で、在宅ワークってのは決してカンタンな生き方というわけではないと思います。

 

 

★ブログランキングに参加中!

ポチっと応援クリックして頂けるとやる気がでます。↓

にほんブログ村 にほんブログ村へ

ブログ
よろしければシェアお願いします!
スポンサーリンク
情熱!ニートレボリューションZ

コメント

タイトルとURLをコピーしました